2024年用プログラミングスクール料金順ランキング【Ruby】

pc プログラミング

本ページはプロモーションが含まれています。

この記事は、Rubyを学習できるプログラミングスクールを料金別に詳細にリサーチした結果です。

スクールを検討している方はご活用ください。

プログラミングスクールランキング

Ruby|料金ランキング

1位 ネオカレッジ

school

コース名プログラミングコース
料金(税込)69,800円
習得期間無期限
受講の方法オンライン

特徴は以下のとおりです。

・教材買い切り型のため、無期限で繰り返し受講できる
・69,800円ぽっきりでとにかく安い
ネオカレッジの評判・口コミをまとめました。
・圧倒的に安い
・講座を1日2本進めた場合、未経験でも1カ月でプログラミングを習得できる
・知識で終わらないで、プロダクトを開発する力が習得できる
・週末や、仕事や家事の隙間時間などの個人のライフスタイルに合わせられる
公式ホームページはこちらから
【ネオカレッジ】

2位 デイトラ

school

コース名Webアプリ開発コース
料金(税込)99,800円
習得期間無期限
受講の方法オンライン

特徴は以下のとおりです。

・ゼロベースからWebサービスとして公開するまで内容が凝縮されている
・教材は無期限に閲覧できる
・ポートフォリオを添削してくれる
デイトラの評判・口コミをまとめました。
・完成度の高いポートフォリオができる
・3万円を3回支払うのみでコスパがよいと感じた
・メッセージングアプリslackで質問しまくることができた

公式ホームページはこちらから
Webアプリ開発コース

3位 GeekSalon(大学生向け)

school

コース名Webサービス開発コース
料金(税込)109,340円
習得期間3か月
受講の方法教室またはオンライン

特徴は以下のとおりです。

・身につくスキルが多い(HTML/CSS、Ruby、デザインスキル、企画力)
・マーケティングの視点など学び就活の圧倒的な武器になる
GeekSalonの評判・口コミをまとめました。
・大学生限定だから仲間が増える
・オリジナルアプリ開発に挑戦できる
・卒業後はインターンや就活に繋がる

無料説明会を受けましょう!
大学生限定コミュニティ「GeekSalon」

Rubyの学習で心がけるべきこと

目標を明確にする

まず、「なぜRubyを学びたいのか」という目的を明確にしましょう。

Webアプリケーション開発、データ分析、スクリプト作成など、Rubyは様々な用途で活用できます。

目標を定めることで、学習計画を立てやすく、モチベーションも維持しやすくなります。

基礎をしっかり固める

Rubyは初心者でも比較的学習しやすい言語です。

しかし、基礎を飛ばしてしまうと後で壁にぶつかってしまいます。

変数、データ型、演算子、制御構文など、プログラミングの基本的な概念をしっかりと理解しましょう。

難しいと思えるかもしれませんが、私からすると中学生がやる因数分解のほうが10倍難しいです。

やればわかると思います。

アウトプットを意識する

学習した内容は実際に使ってみることで定着します。

教材をもとに簡単なプログラムを作ってみましょう。

プログラミングは、アウトプットがとても大切です。

作ることが目的なのです。

継続する

プログラミングスキルは、継続することで向上します。

毎日少しずつでもいいので、学習を続けることが大切です。

全てのことに言えるかもしれません。

しかし、プログラミングは最初で挫折することが多いものです。

モチベーション維持のために、目標を再確認したり、息抜きをしましょう。

そもそもプログラミングスクールはモチベーション維持のために入るところです。

スクールが持つ機能を全てフル活用すべきです。

高いお金を払ってるんですから。

まとめ

school

プログラミングは需要が高く、就職や転職に有利です。

時間や場所に縛られずに働ける可能性を十分に秘めています。

さらに、プログラミングスクールは独学よりも効率的にスキルを習得できるというメリットがあります。

また、モチベーションを維持しやすい、就職・転職に有利です。

ぜひ、今チャレンジしてください。

以上です。

こちらの記事では言語別に料金ランキング付けしています。

コメント